1941年東京に生まれる。中学卒業後葛飾の採血会社に勤務。
1960年頃から、実兄・つげ義春の影響をうけ貸本マンガに短編を発表。
1961〜1967の沈黙の時期を経て、1968年以降『ガロ』で注目をあび、
1970年代の『夜行』、1980代の『COMICばく』などに次々と作品を発表。
1990年代は主にエッセーと絵などを中心に各誌に連載。
その間、住まいのある千葉県流山市内でジーンズショップを経営。
1995年には代表作品「無頼平野」が石井輝男監督によって映画化。
現在は子息にジーンズショップの経営を譲り、漫画やエッセーなど新作を
執筆中。2000年9月ワイズ出版より「舟に棲む」を出版。


初作品などについては次をお読みいただきたい。

つげ義春の「つげ忠男の不運」

つげ忠男の「つげ義春むかし、むかし…」